ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』(斉藤淳・著/ダイヤモンド社・刊)のサポートページです。

 

おすすめ教材

ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』(ダイヤモンド社)で紹介されている教材の一覧です。
リンク先の商品情報およびご購入につきましては、著者(斉藤淳・J PREP斉藤塾)とダイヤモンド社は一切責任を負いませんので、各自のご判断にてお願いいたします。

 
  • Asher, J. J. (1966). The Learning Strategy of The Total Physical Response: A Review. The modern language journal, 50(2), 79-84.

  • Baker, C. (2011). Foundations of bilingual education and bilingualism (5th ed.). Multilingual Matters.

  • Bialystok, E. (2001). Bilingualism in development: Language, literacy, and cognition. Cambridge University Press.

  • Bialystok, E. (2009). Bilingualism: The good, the bad, and the indifferent. Bilingualism: Language and cognition, 12(1), 3-11.

  • Bialystok, E. (2011). Reshaping the mind: The benefits of bilingualism. Canadian Journal of Experimental Psychology / Revue canadienne de psychologie expérimentale, 65(4), 229.

  • Celce-Murcia, M., Brinton, D. M., & Snow, M. A. (2014). Teaching English as a Second or Foreign Language (4th ed.). National Geographic Learning.

  • Costa, A., & Sebastián-Gallés, N. (2014). How does the bilingual experience sculpt the brain?. Nature Reviews Neuroscience, 15(5), 336-345.

  • Craik, F. I., Bialystok, E., & Freedman, M. (2010). Delaying the onset of Alzheimer disease Bilingualism as a form of cognitive reserve. Neurology, 75(19), 1726-1729.

  • DeKeyser, R. M. (2000). The robustness of critical period effects in second language acquisition. Studies in second language acquisition, 22(4), 499-533.

  • Dörnyei, Z. (2001). Teaching and researching: Motivation. Longman.

  • Dörnyei, Z., & Ushioda, E. (Eds.). (2009). Motivation, language identity and the L2 self (Vol. 36). Multilingual Matters.

  • Ellis, N. C. (2009). Optimizing the input: Frequency and sampling in usage-based and form-focused learning. The handbook of language teaching, 139.

  • Gass, S. M. (2013). Second language acquisition: An introductory course. Routledge.

  • Gilmore, A. (2007). Authentic materials and authenticity in foreign language learning. Language Teaching, 40, 97-118.

  • Kormos, J. (2014). Speech production and second language acquisition. Routledge.

  • Krashen, S. (1982). Principles and practice in second language acquisition. Pergamon.

  • Krashen, S. D. (1985). The input hypothesis: Issues and implications. Addison-Wesley Longman Ltd.

  • Lightbown, P. M., & Spada, N. (2013). How languages are learned (4th ed.). Oxford University Press.

  • Loewen, S., & Sato, M. (2017). The Routledge Handbook of Instructed Second Language Acquisition. Routledge.

  • Long, M. H. (1996). The role of the linguistic environment in second language acquisition. Handbook of Second Language Acquisition, 2(2), 413–468.

  • Muñoz, C. (2006). Age and the rate of foreign language learning (Vol. 19). Multilingual Matters.

  • Nassaji, H. & Kartchava, E. (2017). Corrective Feedback in Second Language Teaching and Learning. Routledge

  • Noels, K. A., Pelletier, L. G., Clément, R., & Vallerand, R. J. (2000). Why are you learning a second language? Motivational orientations and self-determination theory. Language Learning, 50(1), 57-85.

  • Norris, J. M., & Ortega, L. (2000). Effectiveness of L2 instruction: A research synthesis and quantitative meta-analysis. Language Learning, 50(3), 417-528.

  • Oxford, R. L. (1990). Language learning strategies: What every teacher should know. Newbury House.

  • Richards, J. C., & Rodgers, T. S. (2001). Approaches and methods in language teaching (2nd ed.). Cambridge University Press.

  • Ryan, R. M., & Deci, E. L. (2000). Self-determination theory and the facilitation of intrinsic motivation, social development, and well-being. American Psychologist, 55(1), 68.

  • Saville-Troike, M., & Barto, K. (2016). Introducing second language acquisition. Cambridge University Press.

  • Sheen, Y. (2010). Differential effects of oral and written corrective feedback in the ESL classroom. Studies in Second Language Acquisition, 32(2), 203-234.

  • Skehan, P. (1998). A cognitive approach to language learning. Oxford University Press.

  • Spada, N., & Tomita, Y. (2010). Interactions between type of instruction and type of language feature: A Meta-Analysis. Language Learning, 60(2), 263-308.

  • Swain, M. (1993). The output hypothesis: Just speaking and writing aren't enough. Canadian Modern Language Review, 50(1), 158-164.

  • Swain, M. (1995). Three functions of output in second language learning. Principle and practice in applied linguistics: Studies in honour of HG Widdowson, 2(3), 125-144.

  • Swain, M. (2005). The output hypothesis: Theory and research. Handbook of Research in Second Language Teaching and Learning, 1, 471-483.

  • 和泉伸一 (2009)『「フォーカス・オン・フォーム」を取り入れた新しい英語教育』大修館書店

  • 村野井仁 (2006)『第二言語習得研究から見た効果的な英語学習法・指導法』大修館書店

  • 吉田研作 (2010)「日本の英語教育政策の理念と課題―一貫した英語教育体制の構築を目指して」田尻英三・大津由紀夫編『言語政策を問う!』ひつじ書房

参考文献

ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』(ダイヤモンド社)が参照していた文献のリストです。

 

本について

​著者:斉藤 淳

発行:ダイヤモンド社

定価:本体1,500円+税

造本:四六並製・2色刷・328ページ

​ISBN:978-4478102374

2017年12月6日配本開始

IQ・論理力が高まり、

みずから学ぶ子になる!

  • 応用言語学、脳科学、教育心理学…科学的根拠(エビデンス)も豊富に掲載!

  • “英語ペラペラ"だけでおわらない「学習法&環境づくり」の決定版!!

  • バイリンガルの姉弟2人を育てた元イェール大学助教授が語る、
    トップクラスの人気塾で3000人超が実践したメソッド! 

「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」
――アカデミックな研究分野では、こうした知見が蓄積されつつあります。

子どもに英語を学ばせたい親御さんたちも、
「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはずです。
そうではなく、世界のどこでも生きていける頭のよさ、
つまり「本物の知性」をわが子に身につけてほしいのではないでしょうか。

実際、著者が代表を務める英語塾では、
「英語」よりも先に「国語」の成績がアップする生徒が多いそうです。
これは、表面的な知識インプットではなく、「ことばの力」を底上げする
「独自の方法」が採用されているからにほかなりません。

本書は、「ほんとうに頭がいい子」を育てたい大人のための
「世界最高の子ども英語学習メソッド」の決定版です。

なぜ「国語」の点数がまず上がるのか?

知性が磨かれる英語メソッド

いまの科学で「いちばんいい!」と言える学習法

SLA(Second Language Acquisition)の研究理論

イェール大学助教授だった著者が、日本でゼロから起業した英語塾は、
立ち上げからわずか数年で3000人超の生徒を集めるまでに成長しています。
この背景にあるのが、応用言語学や脳科学、教育心理学などの
「科学的根拠(エビデンス)」に沿った教授法です。

事実、「どうすれば外国語が身につくのか?」については、
第二言語習得(SLA)という学術分野で大部分が明らかになっています。

この「原理」に沿った学習をすれば、子どもたちの英語力も確実に高まります。
ただし、これは従来の「学校英語」とはまったく異なるメソッドですから、
まずは親が「古い常識」を捨てなければなりません。

SLAを専門的に研究する講師陣の全面バックアップのもと、
親が知っておきたい「言語習得の科学メカニズム」もコンパクトに解説! 

2020年度からは小学校でも「英語」が正式導入されます(2018年度から一部開始)。
また、大学入試でも4技能型の「英語」テストがはじまりつつあります。

これらの波に流されないために、家庭で何をやればいいのか?
だれにでもできることをコツコツとやっていくだけです。
親御さん自身が「英語が得意かどうか」は関係ありません。

成績アップ・大学入試はもちろん、本格的な英語力・知力の養成にも対応した
年齢別「おすすめ学習法28選」「おすすめ教材85選」も充実させました!

今日からはじめられるヒント満載!

どんな教材・アクティビティがベスト?

 

​著者について

斉藤 淳(さいとう・じゅん)

J PREP斉藤塾代表/元イェール大学助教授/元衆議院議員。
1969年、山形県生まれ。イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。研究者としての専門分野は比較政治経済学。ウェズリアン大学客員助教授、フランクリン・マーシャル大学助教授、イェール大学助教授、高麗大学客員教授を歴任。

2012年に帰国し、中高生向け英語塾を起業。「第二言語習得理論(SLA)」の知見を最大限に活かした効率的カリキュラムが口コミで広がり、わずか数年で生徒数はのべ3,000人を突破。海外名門大合格者も多数出ているほか、幼稚園や学童保育も運営し、入塾希望者が後を絶たない。

主な著書に、10万部を超えるベストセラーとなった『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』(KADOKAWA)ほか、『10歳から身につく 問い、考え、表現する力』(NHK出版新書)、また、研究者としては、第54回日経・経済図書文化賞ほかを受賞した『自民党長期政権の政治経済学』(勁草書房)がある。